奏楽

ヴァイオリン
Violin
小野寺百音

小野寺百音

札幌市出身。 3歳からスズキメソードにてヴァイオリンを始める。 札幌大谷高等学校音楽科卒業。 北海道教育大学岩見沢校 芸術・スポーツ文化学科音楽文化専攻管弦打楽器コース卒業。

第4回 若い芽の弦楽アンサンブルin軽井沢に参加。

北海道教育大学・実験劇場オペラ公演にて「タンクレディとクロリンダの戦い」「土方歳三 最後の戦い」にてヴァイオリン、「箱館戦争」にてヴィオラを務める。同大学、室内楽選抜演奏会、学内ソロ選抜演奏会に出演。

Johannes Fleischmann氏のマスタークラスを受講。 PMF企画にて、 Rainer Küchl氏による公開レッスンを受講。

現在は道内を中心に、積極的に演奏活動を行っている。

これまでにヴァイオリンを山同直樹、及川博史、内田輝、長岡聡季の各氏に、ピアノを宮内裕子、八田寿美恵の各氏に、 ソルフェージュを手島由芙子、田代厚子の各氏に、 室内楽を長岡聡季、深井尚子、飯田啓典、廣狩亮の各氏に師事。大谷高校音楽同窓会「ペオニア」会員。

 

<アンサンブルグループ奏楽での参加活動>

モーツァルト協奏曲連続演奏会

ニューイヤーコンサート

音楽塾in札幌

音楽の小部屋  

Contact お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい

メールでお問い合わせ