奏楽

そらブログ vol.1

そらブログ vol.1

皆様、こんにちは。

今日から始まる【そらブログ】。

奏楽のメンバーが、奏楽の活動に関することや最近気になることなど、

自分の言葉でお伝えしていきます。

演奏家の日常や意外な一面などもあるかも…?

お楽しみいただければ幸いです。

 

トップバッターは、ピアノの前田朋子がお送りいたします。

 

***********

 

先日、札幌市中央区旭丘にある《奥井理ギャラリー》にて、

奏楽の“とあるコンサート”のリハーサルが行われました。

 

そのコンサートとは…

2009年にスタートし、奏楽の初夏の風物詩としてもおなじみの

『モーツァルト協奏曲連続演奏会』です。

 

新型コロナウィルスの影響で、昨年は開催できませんでしたが、

「コロナ禍のなかでも、皆さんに演奏をお届けしたい!」

「10年以上続けてきたこのシリーズを、完結させたい!」

という想いから、

感染対策をして、縮小した編成での「収録配信」という形で、

この演奏会を再開することにしました。

 

ソリストは、いつものオーケストラとではなく、

「弦楽四重奏版に編曲されたオーケストラパート」と共に演奏します。

 

今回私は裏方として参加し、リハーサルをずっと聴いていました。

ソリスト+弦楽四重奏、つまり、たった5人での協奏曲の演奏。

オーケストラの時よりもずいぶんと寂しい雰囲気になるのではないか…?

などと、心配もあったのですが、

それは全くの杞憂でした。

 

奥井理ギャラリーの素敵な空間の中で、

ソリストや弦楽四重奏のメンバーが本当に生き生きと、

楽しそうにモーツァルトを演奏している姿に、

素直に感動を覚えました。

 

そして、10年以上、自分たちでこのシリーズを続けてきたからこそ、

久しぶりに、いつもとは違う形で演奏しても、

「モーツァルト協奏曲連続演奏会」のあの空気が、

一瞬にして戻ってきたように感じました。

 

これまで何度もこのシリーズでソロを弾いている

ピアノの森希美さんは、リハーサルのあと、

「久しぶりにこの緊張感を思い出しました」と笑顔で話し、

本番前のワクワク、ドキドキとした独特の雰囲気を

楽しんでいる様子が伝わってきました。

 

 

とはいえ、弦楽四重奏版での演奏は、オーケストラよりも緻密なアンサンブルが必要となり、

一人一人の役割も大きくなります。

少しでも良い演奏を皆様にお届けしたいと、細部まで妥協せずに練習を続ける姿からは、

演奏家としても多くの刺激を受けました。

 

収録の本番が楽しみになり、私自身も、

「ぜひ多くの皆さんに楽しんでいただきたい」という想いがさらに強くなった一日でした。

 

 

収録は6月中に行われ、編集を経て7月中には

奏楽YouTubeチャンネルにて配信開始する予定です。

どなたでも無料にてご視聴いただけますので、

ぜひチャンネル登録をお済ませの上、お楽しみください。

↓チャンネル登録はこちらからどうぞ↓

https://www.youtube.com/channel/UCY9EgE9n6asX3NddMUUSk-Q

 

《奏楽・モーツァルト協奏曲連続演奏会 ~収録配信・第1回~》

曲目

モーツァルト作曲

ヴァイオリン協奏曲第4番 ニ長調

ピアノ協奏曲第26番 ニ長調「戴冠式」

 

出演

ヴァイオリンソロ:廣瀬綾

ピアノソロ:森希美

弦楽四重奏メンバー

第1ヴァイオリン:小林佳奈

第2ヴァイオリン:田島理恵

ヴィオラ:今井佑佳

チェロ:山田慶一

 

 

前田朋子

北海道教育大学札幌校芸術文化課程音楽コース卒業、同大学大学院修士課程修了。これまでに、札幌市民芸術祭新人音楽会、Kitaraのサマーコンサート、三岸好太郎美術館ミニリサイタルなどに出演。また在学中より管弦楽器、声楽、合唱などの共演ピアニストとしても積極的な演奏活動を行い、Kitaraのスプリングコンサート、札幌市民ロビーコンサートなど数多くの演奏会に出演している。現在も、札幌を拠点に道内外各地で幅広い演奏活動を行っているほか、北海道教育大学札幌校にて後進の指導にもあたっている。

Contact お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい

メールでお問い合わせ