奏楽

そらブログ vol.3

そらブログ vol.3

皆様こんにちは。

ピアノの森希美です。

今回6年ぶりに、モーツァルトの協奏曲を弾かせていただきました。

とても嬉しく思う反面、お話をいただいたときは、「またあの緊張がやってくるのか…」と少し怯えていました。

また、コロナ禍で、本番がキャンセルになったり延期になったりと、以前に比べて本番の感覚が衰えているのではないかと、とても心配になりました。

 

ですが、練習を始めて、奏楽のメンバーと久々に音を合わせると、

「あぁこれこれ!アンサンブル楽しい!!」と、喜びを隠せませんでした。

 

今回はいつもの協奏曲とは違い、ピアノの前に弦楽器が配置されました。

オーケストラの時は、大人数を背負うという感覚でしたが、

弦楽器4人とのアンサンブルはより密で、近いところで会話をしているようでした。

5人それぞれの音楽が際立ち、ダイナミックな仕上がりになったと思います。

 

今回演奏した「ピアノ協奏曲第26番」は、通称《戴冠式》とも呼ばれ、

今でも多くの人々に親しまれています。

素敵なメロディーが、ピアノソロにも弦楽器にも、たくさんちりばめられています。

しかし、“カデンツァ”が残されていません。

(カデンツァ…楽章の途中でソリストが一人で自由に演奏する部分。モーツァルト自らが書き残している曲もある。)

つまり演奏者には、「自作する」という作業が課せられます…。

今回一番苦労したのは、この部分でした。

作り始めたものの、「これでよいのか…モーツァルトに申し訳ないのではないか…」

様々な葛藤がありましたが、ようやく完成した渾身のカデンツァも、ぜひお聴きください!

 

収録ということもあって、今までにない緊張感もありましたが、

自然に囲まれた素敵な会場で、思い切りピアノ協奏曲を演奏できたこと、

とても嬉しく思います。

どうぞお楽しみください。

 

森希美

北星学園女子高等学校音楽科卒業。北海道教育大学札幌校芸術文化課程音楽コース卒業、同大学大学院修士課程修了。ノルウェーベルゲン大学グリーグアカデミーへ留学。札幌市民芸術祭新人音楽会、三岸好太郎美術館ミニリサイタル、札幌市民ロビーコンサート、姉妹デュオリサイタル等多数出演。2005年ベルゲン交響楽団と共演、2009年日演連推薦新人演奏会に姉妹で出演し札響と共演。 浜田典子、水田香、A.Kayser、小川京子の各氏に師事。現在、道内各地で幅広く演奏活動を行う他、後進の指導を行っている。北星学園女子高等学校音楽科講師。日小田・森ピアノ教室講師。Bel Voglia、日本ピアノ教育連盟、日本ノルウェー音楽家協会各会員。

Contact お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい

メールでお問い合わせ