奏楽

そらブログ vol.5

そらブログ vol.5

皆様こんにちは。

ヴァイオリンの小林佳奈です。

 

今月14日(水)に、アンサンブルグループ奏楽としては久しぶりの、有観客での自主公演が行われます。

その名も、『奏楽・音楽の小部屋 in時計台』です。

 

今回のプログラムを決めるにあたり、何かヴァイオリンソナタを1曲入れることになり、

イギリスの作曲家、エルガーのヴァイオリンソナタを選びました。

学生の頃に、五嶋みどりのCDで初めてこの曲を聴いて以来好きになり、

いつか弾いてみたいと思っていた曲です。

 

この曲が作曲された1918年は、第一次世界大戦の最中で、エルガーは田舎の別荘に引き込もり、

このソナタを書き上げました。

また、この年はスペイン風邪が大流行した年でもありました。

当時の厳しい状況や絶望感が作品によく表れていて、

偶然にも現在のコロナ禍に共通するものがあるのかな、と思いながら、練習を続けています。

 

プログラムはほかにも、バッハの『オーボエとヴァイオリンのための協奏曲』や、

ドビュッシー・フォーレの作品など、盛りだくさんでお届けいたします。

 

また、今回は新しい試みとして、有料での配信も行います。こちらは生配信ではなく、

編集した映像を後日YouTubeのURL(限定公開)にして、お申込みいただいたお客様にお送りさせていただきます。

コロナ禍で外出が不安な方や遠方にお住まいの方にも、お楽しみいただきたいと思います。

 

私たちの想いの詰まったコンサートを、ぜひお聴きいただけたら嬉しいです。

皆様のご来場、ご視聴を心よりお待ち申し上げております。

 

『奏楽・音楽の小部屋 in 時計台』

7月14日(水)19:00開演

札幌市時計台ホール

出演:岩崎弘昌(オーボエ)、小林佳奈(ヴァイオリン)、前田朋子(ピアノ)

入場料:2,000円(限定50席)※代金の事前支払い(お振込み等)をお願いしております。詳しくは、事務局にお問い合わせください。

配信視聴料:2,000円(YouTube限定公開URLを後日お送りいたします。)

お申込み:奏楽事務局 電話 070-5611-9464 メール sora-i-2008@mail.goo.ne.jp (Facebookのメッセージでも承ります)

小林佳奈

【北海道教育大学札幌校芸術文化課程音楽コース卒業。 02~03年、ノルウェーグリーグアカデミーに留学。06,10年、パシフィック・ミュージック・フェスティバル(PMF)にオーケストラアカデミー生として参加、2010年の東京公演ではコンサートマスターを務める。2010年から北海道文化財団HAFアーティストとして活動。クァルテット・ポッポ、アンサンブル グループ奏楽(そら)各メンバー。 ヴァイオリンを故・井上需、 内田輝、V.ディ,パスクァーレ、R.オドゥリオゾーラ、 鎌田泉の各氏に、室内楽を内田輝、文屋治実、鎌田泉、大平由美子の各氏に師事。 現在、ソロや室内楽、オーケストラなどで活動する一方、後進の指導も行っている。

Contact お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい

メールでお問い合わせ