奏楽

そらブログ vol.6

そらブログ vol.6

こんにちは。ピアノの前田朋子です。

7月も後半に入り、北海道でも真夏日どころか猛暑日にもなる地域が続出。

暑さが身体に堪える毎日が続いております。

 

この暑さが本格的になり始めた7月14日、

奏楽では実に1年半ぶりとなる自主公演

『奏楽・音楽の小部屋 in 時計台』が開催されました。

 

ご来場くださいました皆様、そして、配信視聴でご予約くださいました皆様、

本当にありがとうございました。

皆様の応援のおかげで、無事に公演を終えることができました。

 

 

世の中がコロナ禍に翻弄され、生演奏を気軽に楽しむことができなくなって、早1年以上が経とうとしています。

昨年の3月以降、決まっていた奏楽のコンサートが軒並み延期・中止となったときは、

非常事態を強く感じ、不安の毎日でした。

少しでも、応援してくださる皆様に音楽をお届けしたいと、

毎日の演奏配信「音楽の小部屋」などを通して、

パソコンやスマホの画面を通した演奏活動を行ってきました。

 

また今年に入ってから再び状況が悪化し、さらに事態が長期化することが現実のものとなってからは、

「この状況がいったいいつまで続くのか、いつまで我慢すればよいのか…」と

葛藤する毎日でした。

 

そんななかでも、「早く演奏会にいきたい」「奏楽の皆さんの演奏を聴きたい」とメッセージをくださる方、

様々な形で応援をし続けてくださる皆様に支えられ、

「小さな規模から自主公演での演奏会を再開してみよう」と、

今回の演奏会を企画いたしました。

 

少しでもリスクを減らして演奏をお楽しみいただけるよう、

お客様には完全予約制、さらには入場料の事前お支払いにもご協力いただき、

受付での混乱もなく、ゆったりと演奏をお楽しみいただきました。

また、時計台ホールでは初めて、本格的な機材を持ち込んで演奏の録音・撮影も行い、

コロナ禍ならではの、新しい奏楽の演奏会の形となったのではないかと思っております。

 

そして何より、私たち演奏家にとって、

お客様の前で演奏できることが、どれほど貴重で、ありがたいことかを、

改めて実感できた一日となりました。

お客様が聴いてくださることで、自分でも予想しなかった力が発揮でき、

唯一無二の演奏ができたと思います。

 

 

 

「やっぱり、演奏会をしたい!生演奏を聴いていただきたい!」

奏楽ではこの想いを実現するべく、

8月末にもコンサートを企画いたしました。

(速報です!!)

 

『奏楽・音楽の小部屋 in 奥井理ギャラリー』

8月31日(火)よる19時開演

会場:奥井理ギャラリー(札幌市中央区旭ヶ丘5丁目6-61)

出演:長谷川加奈(ヴァイオリン)、今井佑佳(ヴィオラ)、前田朋子(ピアノ)

プログラム:ヴァイオリンとヴィオラのための二重奏曲 ト長調 K.423(モーツァルト)

ヴァイオリンソナタ 第3番 ニ短調 op.108(ブラームス)  他

入場料:2,000円(事前予約制、限定50席)※配信も行う予定です。

 

チラシが出来上がり次第、またご案内させていただきます。

次回もぜひ応援していただければ幸いです。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

 

前田朋子

北海道教育大学札幌校芸術文化課程音楽コース卒業、同大学大学院修士課程修了。これまでに、札幌市民芸術祭新人音楽会、Kitaraのサマーコンサート、三岸好太郎美術館ミニリサイタルなどに出演。また在学中より管弦楽器、声楽、合唱などの共演ピアニストとしても積極的な演奏活動を行い、Kitaraのスプリングコンサート、札幌市民ロビーコンサートなど数多くの演奏会に出演している。現在も、札幌を拠点に道内外各地で幅広い演奏活動を行っているほか、北海道教育大学札幌校にて後進の指導にもあたっている。

Contact お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい

メールでお問い合わせ