奏楽

そらブログ vol.15

そらブログ vol.15

皆様、こんにちは。

暑い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

7月の奏楽の演奏活動は、大半が関係者向けのコンサートとなりましたが、

各地で演奏を聴いていただくことができました。

 

なかでも、2つの高等支援学校に伺い、生徒さんに音楽を聴いていただけたことは

とても嬉しい出来事でした。

「小樽高等支援学校」では、全校生徒の皆さんへの芸術鑑賞会として聴いていただき、

短い時間ではありましたが、教諭の大野浩子先生(学生時代、岩崎さんの門下生でした)も加わっての

アンサンブルも演奏できました。

 

暑いなか、真剣に聴いてくださった生徒の皆さん、本当にありがとうございました。

ダイジェスト動画も作成しましたので、よろしければ以下よりご覧ください。

小樽高等支援学校芸術鑑賞会ダイジェスト

 

 

また、別日には「札幌みなみの杜高等支援学校」にお邪魔し、

音楽を選択する生徒の皆さんと先生方に演奏を聴いていただきました。

また、生徒さんと一緒に校歌も演奏させていただき、

楽しい時間を過ごすことができました。

校歌の演奏の様子(録音)を、みなみの杜高等支援学校のホームページで公開いただいています。

よろしければ、以下よりお聴きください。

みなみの杜高等支援学校校歌演奏

後日、生徒の皆さんからの素敵な感想もいただきました。

ありがとうございました!

 

 

このほかにも、

「札幌電気工事業協同組合」の70周年記念祝賀会で演奏させていただきました。

大変華やかなパーティーの席でしたが、多くの方に耳を傾けていただき、

特に、事前にリクエストをいただいた『マドンナの宝石 間奏曲』を四重奏で演奏できたことは

私たちにとっても貴重な機会となりました。

お世話になりました皆様、ありがとうございました。

 

 

そしてもうひとつ、札幌市内の「はこぶね保育園」でも演奏させていただき、

元気な子どもたちととっても楽しい時間を過ごしました。

こちらの保育園をご紹介いただいた、「労音・札幌音鑑」の主催するコンサートが

8月6日に迫ってまいりました。

本格的なクラシック曲やオペラアリアの演奏もあり、

耳なじみのある曲もあり、楽しんでいただけると思います!

8月に奏楽のコンサートを一般のお客様に聴いていただけるのは、

このコンサート限りとなりますので、

ぜひ足をお運びいただければ幸いです。

 

暑い毎日、そして感染の拡大など、落ち着かない日々が続きますが、

どうぞ皆様、ご自愛ください。

 

前田朋子

北海道教育大学札幌校芸術文化課程音楽コース卒業、同大学大学院修士課程修了。これまでに、札幌市民芸術祭新人音楽会、Kitaraのサマーコンサート、三岸好太郎美術館ミニリサイタルなどに出演。また在学中より管弦楽器、声楽、合唱などの共演ピアニストとしても積極的な演奏活動を行い、Kitaraのスプリングコンサート、札幌市民ロビーコンサートなど数多くの演奏会に出演している。現在も、札幌を拠点に道内外各地で幅広い演奏活動を行っているほか、北海道教育大学札幌校にて後進の指導にもあたっている。

Contact お問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい

メールでお問い合わせ